離婚後に必要な変更届け

| 未分類 |

離婚後、必要となってくる変更届けは数多くあります。
色々とありますので、ひとつひとつ、もれがないように
チェックリストでも作成して手続を行っていくようにしましょう。

まず、健康保険です。自営業などで国民健康保険に加入している
場合は、姓や住所の変更でよいですが、もしも夫がサラリーマン
で会社の健康保険に入っていた場合は、国民健康保険に加入しな
ければいけません。もちろん、自分自身が勤務先の健康保険に入って
いる場合は、姓や住所の変更のみでよいですが、専業主婦などの場合
は注意するようにしましょう。また、年金も同様で、変更、もしくは
加入の手続が必要となってきます。
住民票の変更をしなければいけません。また、今までの住居から
引っ越しをする場合は、転居の手続もする必要があります。
不動産、賃貸物件の名義変更も必要です。賃貸物件の場合は
所得証明書が必要となってきますし、引き落とし口座も変更する
必要があります。持ち家の場合は所有権移転の手続が必要です。
その他にも、免許証の氏名変更、郵便局や銀行などの名義変更、
子供の転校手続などがあります。とくに、子供の転校手続きは
色々な書類を学校や教育委員会から発行してもらう必要があるので、
早めに行うようにしましょう。