住居の確保

| 未分類 |

離婚をすることになった場合、問題となるのが住居の確保です。gf1940281802l
持ち家の場合であっても、賃貸の場合であっても、別に住まい
を構えることになることが大半です。もちろん、そのまま家に
片方だけ住み続ける場合もありますが、近所の手前もありますし、
たいていの場合は引っ越しをしていきます。
では、どのようにして住まいを確保すればよいのでしょうか。
公的住宅は賃料も安いので、比較的利用しやすいです。但し、
賃料が安いため、競争も激しくなかなか入居できないことが
多いのも実態です。しかし、自治体にもよりますが、母子家庭などを
対象に、優先的に入居できるようにしてくれているところも
あります。条件としては、その自治体内に現在住んでいるか、
または、その自治体内に仕事先がある人であること、現在、
子供を母親一人で養っていて、住める場所がなくて困っている人、
家庭の収入が規定の基準内の人、今までに公的住宅を不正な形で
使用したことがない人などがあります。これらの条件をクリア
することが出来ていれば、優先的に公的住宅に入居することが
出来るのです。
このように、公的な手助けを得ることが出来れば、住まいを確保
することが出来るのです。住んでいる自治体、勤め先がある自治体
で確認してみるようにしましょう。