保険や年金等の変更・加入

| 未分類 |

離婚後には、届出を色々しなくてはなりません。

特に、健康保険は手続きをしておかないと、病気や怪我を
したりする可能性も離婚後でも直ぐに起こる可能性は否定
できないので、早めに行いましょう。
自分が加入する種類によって、窓口が変わって来ますので、a0002_005125
国保の場合には市役所へ、社保の場合には勤務先の会社
などにそれぞれ相談をしましょう。
扶養している子供がいる場合には、尚のこと、早急に変更
の届け出をしておくようにしましょう。

そして、年金の変更も手続しなければなりません。

サラ-リーマンの夫の不用から外れる場合には、国民年金を
掛けて行く必要があります。
怠っている場合には、後々さかのぼって納入も出来ますが、
暮らしにゆとりがなく金銭的な問題がある場合でも、届け出
をすることでゆとりが出来た時にまとめて納入することも出来る
ので、必ず届け出をしておきましょう。
未納入の空白期間が生じてしまうことで、後々、受け取れる額に
差が出てしまうこともよくあります。

離婚して、暮らしが大きく変わると色々な届出が必要になりますし
、住まいに関わる変更も色々と起こって来ます。
安定した暮らしに落ち着くためにも、優先順位を決めて処理をして行きましょう。