不動産・賃貸物件の名義変更

| 未分類 |

離婚をしても、今までの住まいにそのまま住み続けるということ
もあります。そのような場合、名義変更を行う必要があるので、
注意するようにしましょう。
まず、賃貸物件の場合です。名義人が夫の名前になっていることが
多いのですが、妻が住み続ける場合は契約者の変更が必要となって
きます。安定した収入を得ているという証明が必要になるので、
所得証明書か源泉徴収書を提出します。また、銀行の残高証明書の
提出で大丈夫な場合もありますので、確認するようにしましょう。
保証人が新しく必要になることもありますので、注意が必要です。
持ち家である不動産に住み続ける場合、住宅ローンの支払いが
おわっていれば、手続も簡単です。財産分与として妻の名義に書き
換えるというケースが多いのですが、その場合、所有権移転登記手続
を行います。手数料が必要となってきますので、それはどちらが払う
のか、確認するようにしましょう。
問題になってくるのは、住宅ローンが残っている場合です。その家に
住み続けたい場合は、ローンの支払いを行っていく必要があります。
しかし、住宅ローンの名義が夫一人だけの場合、夫婦になっている
場合など、様々なケースがあります。どちらの場合でも煩雑な手続
が必要となってきますので、専門家に相談をした方がよいです。