今や離婚大国と揶揄されることも多い日本では、実に婚姻関係にaf9920070402w
あるカップルの三組に一組の割合で離婚を経験していると言われ
ています。その結果として、
母子家庭、父子家庭も珍しいことではなくなっており、どちらか
一方の親の顔は全く知らずに育ったという子供も、少なくはない
ようです。この不景気といわれている日本において、両親が揃って
いても共働きで何とか家計や家事をやりくりしている家庭も多く、
シングルの家庭はどうしても貧困と隣り合わせになってしまいがち
です。どういった理由であれ、子供たちの環境が、家の経済状態で
不平等が起こることは絶対に避けなければならないことで、そうい
った考えから様々な公的支援が行われ福祉事業は拡大しているよう
です。ほんの少し前までならば、父子家庭は女性よりは収入がある
からという理由だけで、今ほどそういった支援を受けることはでき
ていませんでした。でも小さい子供を抱えるお父さんは、普通の
家庭の父親のように仕事だけをしていれば良いというものではない
ため、どうしても制限された中で働くしかないのです。そうなれば
母子の状態とほとんど同じで、苦しい貧困状態を余儀なくされてい
る家族も多かったのです。